スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創世記 46章

1節 イスラエルはその持ち物をことごとく携えて旅立ち、
   ベエルシバに行って、父イサクの神に犠牲をささげた。


おまえの神でもあるだろうが。

2節 この時、神は夜の幻のうちにイスラエルに語って言われた、
   「ヤコブよ、ヤコブよ」。彼は言った、「ここにいます」。


神様がイスラエルに名前変えろって言ったくせに、
あまり普及してないと分かったとたん自分もあっさりヤコブ呼ばわり。

3節 神は言われた、「わたしは神、あなたの父の神である。
   エジプトに下るのを恐れてはならない。
   わたしはあそこであなたを大いなる国民にする。

カナンびとの土地はどうしたの?もうどうでもいいの?

4節 わたしはあなたと一緒にエジプトに下り、
   また必ずあなたを導き上るであろう。
   ヨセフが手ずからあなたの目を閉じるであろう」。


ヨセフがいるって知らないで再会したほうが感動するのに、
感動の再会に水を差す神様。

5節 そしてヤコブはベエルシバを立った。
   イスラエルの子らはヤコブを乗せるためにパロの送った車に、
   父ヤコブと幼な子たちと妻たちを乗せ、

幼くない子どもたちは走らされるんだな。

6節 またその家畜とカナンの地で得た財産を携え、
   ヤコブとその子孫は皆ともにエジプトへ行った。


疫病神一族、エジプトへ上陸。

7節 こうしてヤコブはその子と、孫および娘と孫娘など
   その子孫をみな連れて、エジプトへ行った。


孫および娘と孫娘って、孫娘を差別しすぎだろ。

8節 イスラエルの子らでエジプトへ行った者の名は
   次のとおりである。すなわちヤコブと
   その子らであるが、ヤコブの長子はルベン。


だから、その名簿一覧いらないから。

9節 ルベンの子らはハノク、パル、ヘヅロン、カルミ。

軽美ちゃんって、尻軽そうだよね。多分男だろうけど。

10節 シメオンの子らはエムエル、ヤミン、オハデ、ヤキン、
    ゾハル及びカナンの女の産んだ子シャウル。


ML?メーリングリストか?

11節 レビの子らはゲルション、コハテ、メラリ。

ゲルションも変わった名前だけど、
手マンに勝てる名前はそうそうないな。

12節 ユダの子らはエル、オナン、シラ、ペレヅ、ゼラ。
    エルとオナンはカナンの地で死んだ。
    ペレヅの子らはヘヅロンとハムル。


死んだ人はもう書かなくていいよ。
エジプト行った人のコーナーだろ?

13節 イッサカルの子らはトラ、プワ、ヨブ、シムロン。


男はつらいよエジプト編ですか?トラ。

14節 ゼブルンの子らはセレデ、エロン、ヤリエル。

うーん、ちょっとインパクトに欠けるな(名前だけ)。

15節 これらと娘デナとはレアがパダンアラムで
    ヤコブに産んだ子らである。
    その子らと娘らは合わせて三十三人。


男女の区別って聖書はあまり大事にしないよね。
つまり神様は両方いけるということか。
それとも極端に男が多いだけ?

16節 ガドの子らはゼポン、ハギ、シュニ、エヅボン、
    エリ、アロデ、アレリ。

17節 アセルの子らはエムナ、イシワ、イスイ、
    ベリアおよび妹サラ。ベリアの子らはヘベルとマルキエル。


エヅボンって絶対言いにくいよな。

18節 これらはラバンが娘レアに与えたジルパの子らである。
    彼女はこれらをヤコブに産んだ。合わせて十六人。


でた、メイドさんの一族。

19節 ヤコブの妻ラケルの子らはヨセフとベニヤミンとである。

20節 エジプトの国でヨセフにマナセとエフライムとが生れた。
    これはオンの祭司ポテペラの娘アセナテが彼に産んだ者である。


ヨセフはすっかりエジプトの人だね。

21節 ベニヤミンの子らはベラ、ベケル、アシベル、
    ゲラ、ナアマン、エヒ、ロシ、ムッピム、ホパム、アルデ。


また人間になりたい人が出てきた。
他に今まで名前かぶりしたヤツも、いっぱいいるんだろうな。

22節 これらはラケルがヤコブに産んだ子らである。合わせて十四人。

きっとコイツらはヤコブに優遇されたんだろうな。

23節 ダンの子はホシム。

hdan.jpg
ダンはストリートファイトの旅に出たから子どもが少ないんだな。

24節 ナフタリの子らはヤジエル、グニ、エゼル、シレム。

野次得るって名前はちょっとイヤ。

25節 これらはラバンが娘ラケルに与えたビルハの子らである。
    彼女はこれらをヤコブに産んだ。合わせて七人。

メイド2号の一族。

26節 ヤコブと共にエジプトへ行ったすべての者、
    すなわち彼の身から出た者はヤコブの子らの妻をのぞいて、
    合わせて六十六人であった。


召使たちはどうした?おいていったの?
みんな飢饉で苦しんでいるんだろ?

ヤコブ一族鬼畜すぎだな。

27節 エジプトでヨセフに生れた子がふたりあった。
    エジプトへ行ったヤコブの家の者は合わせて七十人であった。


さっきも聞いた。

28節 さてヤコブはユダをさきにヨセフにつかわして、
    ゴセンで会おうと言わせた。そして彼らはゴセンの地へ行った。

ユダが一番パシリなんだな。この兄弟たちの中で。

29節 ヨセフは車を整えて、父イスラエルを迎えるために
    ゴセンに上り、父に会い、そのくびを抱き、
    くびをかかえて久しく泣いた。


徳光さんがもらい泣きしています。

30節 時に、イスラエルはヨセフに言った、
   「あなたがなお生きていて、わたしは
    あなたの顔を見たので今は死んでもよい」。


gesyazko.jpg
どうせそのうち死ぬよ(ゲス顔)

31節 ヨセフは兄弟たちと父の家族とに言った、
    「わたしは上ってパロに言おう、『カナンの地にいた
     わたしの兄弟たちと父の家族とがわたしの所へきました。


なんたって、ヨセフはエジプトの主だからね。
なんでもやりたい放題だよね。

32節 この者らは羊を飼う者、家畜の牧者で、
    その羊、牛および持ち物をみな携えてきました』。


ただし飢え苦しんでいる召使たちは見捨ててきました。

33節 もしパロがあなたがたを召して、
    『あなたがたの職業は何か』と言われたら、

34節 『しもべらは幼い時から、ずっと家畜の牧者です。
     われわれも、われわれの先祖もそうです』と言いなさい。
    そうすればあなたがたはゴセンの地に住むことができましょう。
    羊飼はすべて、エジプトびとの忌む者だからです」。

ヤコブはむしろ職業を「天幕警備員」って答えればいいのでは。

ってなところで、46章終了。

<<今日わかったこと>>
・鬼畜ヤコブ一族、飢えに苦しむ召使たちを置き去りにしてエジプトへ。
・手マンを超えるインパクトの名前は、そうそう出ない。
・ユダは一族の中で一番立場が弱いらしい。

次章、エジプトでこの一族がまた疫病神になるんだろうな。


← 創世記45章へ



→ 創世記47章へ


疫病神 (新潮文庫)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

聖・オレサマ

Author:聖・オレサマ
世界で一番読者のいる本、聖書を
まじめにまじめに勉強します。

ええ、いたってまじめに。

リンク
にほんブログ村に参加しています
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセス数
お得なサイト!


フルーツメール
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。