スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出エジプト記 1章

1節 さて、ヤコブと共に、おのおのその家族を伴って、
   エジプトへ行ったイスラエルの子らの名は次のとおりである。


え?創世記のおさらいするの?
DQNの名前ばっかりだよな。

2節 すなわちルベン、シメオン、レビ、ユダ、

3節 イッサカル、ゼブルン、ベニヤミン、

4節 ダン、ナフタリ、ガド、アセルであった。


DQN選手権かな?

5節 ヤコブの腰から出たものは、合わせて七十人。
   ヨセフはすでにエジプトにいた。


完全におさらいじゃないか。

6節 そして、ヨセフは死に、兄弟たちも、
    その時代の人々もみな死んだ。


ヨセフの息子たちが、
また詐欺と神様のえこひいきで偉くなる話になるんですか?

7節 けれどもイスラエルの子孫は多くの子を生み、
   ますますふえ、はなはだ強くなって、国に満ちるようになった。


だって特権階級ですもの。
土着のエジプト国民よりもいい土地もらったんだよね。ずるいよ。

8節 ここに、ヨセフのことを知らない新しい王が、エジプトに起った。

相当時間が経ったんだろうね。

9節 彼はその民に言った、「見よ、イスラエルびとなるこの民は、
   われわれにとって、あまりにも多く、また強すぎる。


よく言った!えらい!

10節 さあ、われわれは、抜かりなく彼らを取り扱おう。
    彼らが多くなり、戦いの起るとき、敵に味方して、
    われわれと戦い、ついにこの国から逃げ去ることのないようにしよう」。


えーと、それはちょっとやりすぎなんじゃ。
普通に扱ってもいいんじゃないかな?

神様が怒るとヒドい仕返し食らうよ?

11節 そこでエジプトびとは彼らの上に監督をおき、
    重い労役をもって彼らを苦しめた。
    彼らはパロのために倉庫の町ピトムとラメセスを建てた。


なるほど。パロっていうのは王様のことなんだな。
ファラオと同じ?創世記のパロとは別人だもんね。

創世記でそういえば、
カナン人の土地を手に入れる前に奴隷になる
みたいなこと言ってたけど本当になったね。

12節 しかしイスラエルの人々が苦しめられるにしたがって、
    いよいよふえひろがるので、
    彼らはイスラエルの人々のゆえに恐れをなした。


辛い奴隷生活の中で、楽しみがエロしかなかったんだね。

中国「一人っ子政策をしよう」

13節 エジプトびとはイスラエルの人々をきびしく使い、

watamk.jpg
「無理というのは嘘吐きの言葉なんです。
 うちはブラック企業じゃない」


14節 つらい務をもってその生活を苦しめた。
    すなわち、しっくいこね、れんが作り、
    および田畑のあらゆる務に当らせたが、
    そのすべての労役はきびしかった。


ogistkbn.jpg
多分こういう人が管理役なんだろうな。

15節 またエジプトの王は、ヘブルの女のために
    取上げをする助産婦でひとりは名をシフラといい、
    他のひとりは名をプアという者にさとして、


プアって、名前から貧乏だな。

16節 言った、「ヘブルの女のために助産をするとき、
    産み台の上を見て、もし男の子ならばそれを殺し、
    女の子ならば生かしておきなさい」。


あら、一人っ子政策よりも過激。
ちなみに男の娘だったらどうするんですか?

17節 しかし助産婦たちは神をおそれ、エジプトの王が
    彼らに命じたようにはせず、男の子を生かしておいた。


※ただしイケメンに限る

18節 エジプトの王は助産婦たちを召して言った、
   「あなたがたはなぜこのようなことをして、
    男の子を生かしておいたのか」。


神様「あなたはなぜこのようなことをして、男の子を殺そうとするのか」

19節 助産婦たちはパロに言った、「ヘブルの女は
    エジプトの女とは違い、彼女たちは健やかで
    助産婦が行く前に産んでしまいます」。


朝から晩まで過度な労働適度な運動させた結果だね。

20節 それで神は助産婦たちに恵みをほどこされた。
    そして民はふえ、非常に強くなった。


やることなすこと裏目。
創世記のパロも無能だったけど、今回のパロも無能だな。

21節 助産婦たちは神をおそれたので、
    神は彼女たちの家を栄えさせられた。


聖書の教えで一番大切なことは、
「長いモノには巻かれろ」だもんね。

22節 そこでパロはそのすべての民に命じて言った、
    「ヘブルびとに男の子が生れたならば、
     みなナイル川に投げこめ。しかし女の子はみな生かしておけ」。


パロがひどい命令を出したところで、1章終了。

創世記ではアブラハム一族が「ヒャッハー」状態でしたが、
出エジプト記では逆に「おごれるものは久しからず」ですね。

<<今日わかったこと>>
・エジプトのパロ、ようやく売国政策から脱却。
・だがやりすぎていて、どう考えても神様からのお仕置きフラグ。
・エジプトの女性は健やかじゃないらしい。


でもどうせ、神様に助けられて勝ち組になるんでしょう?


← 創世記50章へ



→ 出エジプト記2章へ


私、自宅で産みました。


スポンサーサイト

出エジプト記 2章

1節 さて、レビの家のひとりの人が行ってレビの娘をめとった。

あ、DQN一族だ。

2節 女はみごもって、男の子を産んだが、
   その麗しいのを見て、三月のあいだ隠していた。


イケメンじゃなかっとしたら、殺されてもいいって隠さなかったの?
やっぱりイケメンはいつの世の中も得だなぁ。

3節 しかし、もう隠しきれなくなったので、
   パピルスで編んだかごを取り、それに
   アスファルトと樹脂とを塗って、子をその中に入れ、
   これをナイル川の岸の葦の中においた。


夜泣きがひどくなったのかな。

4節 その姉は、彼がどうされるかを知ろうと、遠く離れて立っていた。

カーチャンはどうしてたんだよ。

5節 ときにパロの娘が身を洗おうと、川に降りてきた。
   侍女たちは川べを歩いていたが、彼女は、
   葦の中にかごのあるのを見て、
   つかえめをやり、それを取ってこさせ、


kinmizmir.jpg
あら、サービスシーンですか?
川で水浴びなんて。

6節 あけて見ると子供がいた。見よ、幼な子は泣いていた。
   彼女はかわいそうに思って言った、「これはヘブルびとの子供です」。


上の挿絵の人だと、
「コレはヘブルびとの子供デース!」

親父とは違っていい人なんですね。
親父なら性別を確認して迷いなく殺しているだろうに。

7節 そのとき幼な子の姉はパロの娘に言った、
   「わたしが行ってヘブルの女のうちから、
    あなたのために、この子に乳を飲ませる
    うばを呼んでまいりましょうか」。


あなたのために?
どう考えても自分たちのためです。

8節 パロの娘が「行ってきてください」と言うと、
   少女は行ってその子の母を呼んできた。

家族の身分を偽るのはアブラハムから伝わる得意技。

9節 パロの娘は彼女に言った、「この子を連れて行って、
   わたしに代り、乳を飲ませてください。
   わたしはその報酬をさしあげます」。
   女はその子を引き取って、これに乳を与えた。


また詐欺で報酬をもらったぞ。さすがだなイスラエルの民。
まぁ、今回は事情が事情だしなぁ・・・。

10節 その子が成長したので、彼女はこれをパロの
    娘のところに連れて行った。そして彼はその子となった。
    彼女はその名をモーセと名づけて言った、
    「水の中からわたしが引き出したからです」。

パロやエジプトの人は、イスラエルの子どもが
王族の養子になることに反対しなかったんだろうか?

11節 モーセが成長して後、ある日のこと、
    同胞の所に出て行って、そのはげしい労役を見た。
    彼はひとりのエジプトびとが、同胞のひとりである
    ヘブルびとを打つのを見たので、


近藤課長が
ogistkbn.jpg
にいじめられているのを見たのかな。

12節 左右を見まわし、人のいないのを見て、
    そのエジプトびとを打ち殺し、これを砂の中に隠した。


小木曽次長を砂の中へ出向させました。

13節 次の日また出て行って、ふたりのヘブルびとが
    互に争っているのを見、悪い方の男に言った、
    「あなたはなぜ、あなたの友を打つのですか」。


なんでそっちが悪い方ってわかるんだよwww
(人相が)悪いとかかな。

14節 彼は言った、「だれがあなたを立てて、
    われわれのつかさ、また裁判人としたのですか。
    エジプトびとを殺したように、あなたは
    わたしを殺そうと思うのですか」。モーセは恐れた。
    そしてあの事がきっと知れたのだと思った。

まぁ、DQNレビ一族の血を引く男だからなぁ。

15節 パロはこの事を聞いて、モーセを殺そうとした。
    しかしモーセはパロの前をのがれて、
    ミデヤンの地に行き、井戸のかたわらに座していた。


おまえの政策考えたら、養子になる前に殺せよwww
パロは相変わらずの無能っぷりwww

16節 さて、ミデヤンの祭司に七人の娘があった。
    彼女たちはきて水をくみ、水槽にみたして
    父の羊の群れに飲ませようとしたが、


あれ、水をくむ井戸といえば聖書的にはナンパスポット。

17節 羊飼たちがきて彼女らを追い払ったので、
    モーセは立ち上がって彼女たちを助け、
    その羊の群れに水を飲ませた。


やっぱり出会い系井戸━━━━(゚∀゚)━━━━キター!

18節 彼女たちが父リウエルのところに帰った時、
    父は言った、「きょうは、どうして、こんなに早く帰ってきたのか」。

リウエル、しゃべり方が戦場カメラマン。

19節 彼女たちは言った、「ひとりのエジプトびとが、
    わたしたちを羊飼たちの手から助け出し、
    そのうえ、水をたくさんくんで、羊の群れに飲ませてくれたのです」。

実はイスラエル民(しかもDQN一族の末裔)だけどね。

20節 彼は娘たちに言った、「そのかたはどこにおられるか。
    なぜ、そのかたをおいてきたのか。
    呼んできて、食事をさしあげなさい」。

やっぱりイスラエル以外の人はマトモなのが多いなぁ。
パロは別として。

21節 モーセがこの人と共におることを好んだので、
    彼は娘のチッポラを妻としてモーセに与えた。


出会い系井戸の力、恐るべし。

22節 彼女が男の子を産んだので、モーセは
    その名をゲルショムと名づけた。「わたしは外国に
    寄留者となっている」と言ったからである。


モーセ、名づけセンスないな。

23節 多くの日を経て、エジプトの王は死んだ。
    イスラエルの人々は、その苦役の務のゆえにうめき、
    また叫んだが、その苦役のゆえの叫びは神に届いた。

どうせまた、次のパロも無能なんでしょう?

24節 神は彼らのうめきを聞き、神はアブラハム、
   イサク、ヤコブとの契約を覚え、

神様、よく大事なこと忘れるよね。
秘書でも雇ったらどうかな?

25節 神はイスラエルの人々を顧み、
    神は彼らをしろしめされた。


神様自身、表立って登場してくるの久しぶりかもね。2章終了。

<<今日わかったこと>>
・有名なモーセさんはDQN一族の末裔でした。
・出会い系井戸は時代が流れても効果絶大。
・神様、また大事な約束を忘れる。


3章以降、また神様が人間に介入して面倒事を起こすんですね。

若年性健忘症を治す




← 出エジプト記1章へ



→ 出エジプト記3章へ

出エジプト記 3章

1節 モーセは妻の父、ミデヤンの祭司エテロの
   羊の群れを飼っていたが、その群れを
   荒野の奥に導いて、神の山ホレブにきた。


神様にジンギスカンをあげると喜ぶよ。
お肉大好きだから。

2節 ときに主の使は、しばの中の炎のうちに彼に現れた。
   彼が見ると、しばは火に燃えているのに、
   そのしばはなくならなかった。


弾圧に抗議するチベットの僧侶の方ですか?

3節 モーセは言った、「行ってこの大きな見ものを見、
   なぜしばが燃えてしまわないかを知ろう」。


炎の中の人を助けようという気は起らないのですか?
普通は水をかけて火を消そうとすると思うのですが。

4節 主は彼がきて見定ようとするのを見、
   神はしばの中から彼を呼んで、
   「モーセよ、モーセよ」と言われた。
   彼は「ここにいます」と言った。


冷静に返事するなよwww
もうちょっと不気味がれよwww

5節 神は言われた、「ここに近づいてはいけない。
   足からくつを脱ぎなさい。あなたが立っている
   その場所は聖なる地だからである」。


足からくつを
神様は足以外の場所にくつを身につけるのでしょうか。

akaneriben.jpg
「何をどこに身につけても自由です」

6節 また言われた、「わたしは、あなたの先祖の神、
   アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である」。
   モーセは神を見ることを恐れたので顔を隠した。


モーセ「やべえ・・・俺の先祖(レビ)神様に嫌われてるんだよな」
DQNだから仕方ないね。
ていうかモーセもやっぱり殺人犯だしね。

7節 主はまた言われた、「わたしは、エジプトにいる
   わたしの民の悩みを、つぶさに見、
   また追い使う者のゆえに彼らの叫ぶのを聞いた。
   わたしは彼らの苦しみを知っている。


出エジプト記1章まで、すっかり忘れていたようですがね。
ちゃんと毎日気にかけてあげてください。

8節 わたしは下って、彼らをエジプトびとの手から救い出し、
   これをかの地から導き上って、良い広い地、乳と蜜の流れる地、
   すなわちカナンびと、ヘテびと、アモリびと、
   ペリジびと、ヒビびと、エブスびとのおる所に至らせようとしている。


追い出される方はたまったものじゃないのですが。
ていうか、追い出される部族増えてるし。

9節 いまイスラエルの人々の叫びがわたしに届いた。
   わたしはまたエジプトびとが彼らをしえたげる、
   そのしえたげを見た。


おまえが創世記で預言したせいだろうが。
創世記15章13節
あなたの子孫は他の国に旅びととなって、
その人々に仕え、その人々は彼らを四百年の間、悩ますでしょう。

10節 さあ、わたしは、あなたをパロにつかわして、
    わたしの民、イスラエルの人々をエジプトから導き出させよう」。


モーセ「え?俺がやるの?めんどくせぇ・・・」

11節 モーセは神に言った、「わたしは、
    いったい何者でしょう。わたしがパロのところへ行って、
    イスラエルの人々をエジプトから導き出すのでしょうか」。


神様、こいつ殺人犯だよ?
ホントにこいつでいいの?もうちょっとマトモなヤツ探せよ。

12節 神は言われた、「わたしは必ずあなたと共にいる。
    これが、わたしのあなたをつかわしたしるしである。
    あなたが民をエジプトから導き出したとき、
    あなたがたはこの山で神に仕えるであろう」。


そういえばモーセはイケメンだったな。
神様はイケメンと一緒にいたかっただけだな、多分。
モーセは神様に尻を狙われないよう気をつけよう。

13節 モーセは神に言った、「わたしがイスラエルの
    人々のところへ行って、彼らに『あなたがたの先祖の神が、
    わたしをあなたがたのところへつかわされました』と言うとき、
    彼らが『その名はなんというのですか』と
    わたしに聞くならば、なんと答えましょうか」。


モーセの不安はもっともだ。

14節 神はモーセに言われた、「わたしは、有って有る者」。
    また言われた、「イスラエルの人々にこう言いなさい、
    『「わたしは有る」というかたが、わたしを
     あなたがたのところへつかわされました』と」。


そんな答えじゃ誰も納得しねえよwww

          ____
       / \  /\ キリッ
.     / (ー)  (ー)\    <「わたしは有る」という方が、わたしを遣わしたのだ。
    /   ⌒(__人__)⌒ \      
    |      |r┬-|    |
     \     `ー’´   /
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一””””~~``’ー–、   -一”””’ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ   <だっておwww
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)   
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //       
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/      
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー’´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l  バンバン
 ヽ    -一””””~~``’ー–、   -一”””’ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

こうなるのがオチだ。

15節 神はまたモーセに言われた、「イスラエルの人々に
    こう言いなさい『あなたがたの先祖の神、
    アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である主が、
    わたしをあなたがたのところへつかわされました』と。
    これは永遠にわたしの名、これは世々のわたしの呼び名である。


命名:有って有る者
こんな名前を赤ちゃんの名前として役所に提出したら、
役所で受け付けてもらえるだろうか。
serbruikaate.jpg
(わたしよりはましよ・・・)

16節 あなたは行って、イスラエルの長老たちを集めて言いなさい、
    『あなたがたの先祖の神、アブラハム、
    イサク、ヤコブの神である主は、
    わたしに現れて言われました、「わたしはあなたがたを顧み、
    あなたがたがエジプトでされている事を確かに見た。


モーセ「うわぁ・・・。俺、絶対長老たちに頭おかしいと思われる」

17節 それでわたしはあなたがたを、エジプトの悩みから
    導き出して、カナンびと、ヘテびと、アモリびと、
    ペリジびと、ヒビびと、エブスびとの地、
    乳と蜜の流れる地へ携え上ろうと決心した」と』。


蛇口からオレンジジュースが流れる愛媛県的な場所なのかな。
乳や蜜が自然に流れてくるっていうの、ちょっと不気味だよ?

18節 彼らはあなたの声に聞き従うであろう。
    あなたはイスラエルの長老たちと一緒に
    エジプトの王のところへ行って言いなさい、
    『ヘブルびとの神、主がわたしたちに現れられました。
     それで、わたしたちを、三日の道のりほど荒野に行かせて、
     わたしたちの神、主に犠牲をささげることを許してください』と。


やっぱり、犠牲としてお肉が食べたいんですね。

19節 しかし、エジプトの王は強い手をもって迫らなければ、
    あなたがたを行かせないのをわたしは知っている。


パロは無能だから大丈夫だと思うよ?

20節 それで、わたしは手を伸べて、エジプトのうちに
    行おうとする、さまざまの不思議をもって
    エジプトを打とう。その後に彼はあなたがたを去らせるであろう。

パロはともかく、エジプトの一般市民は涙目だな。

21節 わたしはこの民にエジプトびとの好意を得させる。
    あなたがたは去るときに、むなし手で去ってはならない。


出た、神様とアブラハム一族のヤクザ的やり口。
神様の暴力をちらつかせて、金品を脅し取る。

22節 女はみな、その隣の女と、家に宿っている女に、
    銀の飾り、金の飾り、また衣服を求めなさい。
    そしてこれらを、あなたがたのむすこ、娘に着けさせなさい。
    このようにエジプトびとのものを奪い取りなさい」。

横暴だ!神様はやっぱり横暴すぎる!
創世記と変わらず、神様とアブラハム一族が
どう考えても悪者にしか思えない展開で3章終了。

<<今日わかったこと>>
・神様の名前は「有って有る者」。中二病でもそんな名前嫌がる。
・創世記から変わらず、神様と神様にヒイキされるイスラエル民族はヤクザ。
・カナン人の土地などは、蛇口をひねると牛乳や蜂蜜が出てくる。


4章以降、エジプト民は早く逃げてー。
神様のえげつない嫌がらせが始まるよ!!

「有って有る者」なんて命名はダメ、絶対。

子供の名前が危ない




← 出エジプト記2章へ



→ 出エジプト記4章へ

出エジプト記 4章

1節 モーセは言った、「しかし、彼らはわたしを信ぜず、
   またわたしの声に聞き従わないで言うでしょう、
   『主はあなたに現れなかった』と」。


普通はそうだよね。「俺、神様と会ったぜ」とか。
どう見ても怪しい新興宗教。
あ、そうか宗教の本だったねこれ。

2節 主は彼に言われた、「あなたの手にあるそれは何か」。
   彼は言った、「つえです」。

神様「ボケろよ・・・」

3節 また言われた、「それを地に投げなさい」。
   彼がそれを地に投げると、へびになったので、
   モーセはその前から身を避けた。

神様、子どもっぽい手品が好き。
小学生の頃、好きな女の子にイジワルしてやったんだろうな。

4節 主はモーセに言われた、「あなたの手を伸ばして、
   その尾を取りなさい。そこで手を伸ばして
   それを取ると、手のなかでつえとなった。


degriakmos.jpg
モーセ「俺いやだよー。絶対触りたくないよー。
    ここのスタッフ頭おかしいだろ!」


軍団が体張るのを、笑って眺めるたけし状態の神様。

5節 これは、彼らの先祖たちの神、アブラハムの神、
   イサクの神、ヤコブの神である主が、
   あなたに現れたのを、彼らに信じさせるためである」。


神様、モーセに手品を教えるの巻。

6節 主はまた彼に言われた、「あなたの手を
   ふところに入れなさい」。彼が手をふところに入れ、
   それを出すと、手は、らい病にかかって、
   雪のように白くなっていた。


神様はモーセにこんなことして、
リアクション芸人としてデビューさせようと言うのでしょうか。

7節 主は言われた、「手をふところにもどしなさい」。
   彼は手をふところにもどし、それをふところから
   出して見ると、回復して、もとの肉のようになっていた。


こういう手品レベルを超えた手品が使えると、詐欺も楽々。

8節 主は言われた、「彼らがもしあなたを信ぜず、
   また初めのしるしを認めないならば、後のしるしは信じるであろう。

神様「忘年会のために練習したのが役に立ったぜ」

9節 彼らがもしこの二つのしるしをも信ぜず、
   あなたの声に聞き従わないならば、
   あなたはナイル川の水を取って、
   かわいた地に注ぎなさい。あなたが
   ナイル川から取った水は、かわいた地で血となるであろう」。

神様「あれ?血と地をかけたんだけどウケない・・・」

10節 モーセは主に言った、「ああ主よ、わたしは以前にも、
    またあなたが、しもべに語られてから後も、
    言葉の人ではありません。わたしは口も重く、舌も重いのです」。

怒った時は言葉より、まず手が出て人を殺しちゃうタイプだよね。
DQNだから。

11節 主は彼に言われた、「だれが人に口を授けたのか。
    おし、耳しい、目あき、目しいにだれがするのか。
    主なるわたしではないか。

おいこら。てめえの勝手で人間を障害者にするなよ神様。

12節 それゆえ行きなさい。わたしはあなたの口と共にあって、
    あなたの言うべきことを教えるであろう」。


神様が今まで忘年会で披露したと思われる出し物
手品・ダジャレ・腹話術

13節 モーセは言った、「ああ、主よ、どうか、
    ほかの適当な人をおつかわしください」。


うん、アブラハムの家系の中でも特にDQN一族のヤツだし
もっと適任者がいるんじゃない?
ヨセフとかルベンとかの子孫のほうが口達者っぽいよ。

14節 そこで、主はモーセにむかって怒りを発して言われた、
    「あなたの兄弟レビびとアロンがいるではないか。
     わたしは彼が言葉にすぐれているのを知っている。
     見よ、彼はあなたに会おうとして出てきている。
     彼はあなたを見て心に喜ぶであろう。


じゃあ最初からアロンに頼めよ。

15節 あなたは彼に語って言葉をその口に授けなさい。
    わたしはあなたの口と共にあり、彼の口と共にあって、
    あなたがたのなすべきことを教え、

16節 彼はあなたに代って民に語るであろう。
    彼はあなたの口となり、あなたは彼のために、神に代るであろう。


あ、つまりモーセはイケメンだから、
神様のルックス、イメージキャラクター担当なのね。

つまりモーセは無能と。

17節 あなたはそのつえを手に執り、
    それをもって、しるしを行いなさい」。


イケメンが手品やったほうが、女の子もキャーキャー言うからね。

18節 モーセは妻の父エテロのところに帰って彼に言った、
    「どうかわたしを、エジプトにいる身うちの者のところに
     帰らせ、彼らがまだ生きながらえているか、
     どうかを見させてください」。エテロはモーセに言った、
    「安んじて行きなさい」。

これから長期の仕事をする前に、家族に会ってきたいのね。

19節 主はミデヤンでモーセに言われた、「エジプトに
    帰って行きなさい。あなたの命を求めた人々はみな死んだ」。


ちょwww
出立前に教えてやれやwww

神様、基本的に気がきかないよね。

20節 そこでモーセは妻と子供たちをとり、ろばに乗せて、
    エジプトの地に帰った。モーセは手に神のつえを執った。


モーセ「墓参りくらいさせろや・・・」
ブラック企業よりもひどい神様なので、
人の気持ちは全く考えず自分の都合で人に命令します。

21節 主はモーセに言われた、「あなたが
    エジプトに帰ったとき、わたしが
    あなたの手に授けた不思議を、みなパロの前で行いなさい。
    しかし、わたしが彼の心をかたくなにするので、
    彼は民を去らせないであろう。

かたくなにするなよwww
むしろ気持ちよく去らせてやれwww

神様、覚えた手品を披露したいだけかよwww

22節 あなたはパロに言いなさい、『主はこう仰せられる。
    イスラエルはわたしの子、わたしの長子である。


モーセ「ちょwwwメモらせてwww待ってwww」

23節 わたしはあなたに言う。わたしの子を去らせて、
    わたしに仕えさせなさい。もし彼を去らせるのを拒むならば、
    わたしはあなたの子、あなたの長子を殺すであろう』と」。

拒むならばって、
おまえがパロの心をかたくなにして拒ませるんだろうがwww

なんなのこのクズ神様。

24節 さてモーセが途中で宿っている時、
    主は彼に会って彼を殺そうとされた。


なんでだよwww
もっとイケメンのイメージキャラクターが見つかったか?

ホント、神様って自分勝手だよな。

25節 その時チッポラは火打ち石の小刀を取って、
    その男の子の前の皮を切り、それをモーセの
    足につけて言った、「あなたはまことに、
    わたしにとって血の花婿です」。


モーセwww
生後すぐやるはずの割礼すませてなかったんだなwww

そういえば、生まれてすぐ隠されたもんね。
神様もそれくらい許してやれよwww

26節 そこで、主はモーセをゆるされた。この時
    「血の花婿です」とチッポラが言ったのは割礼のゆえである。

そういえば、兄弟のアロンはどうやって
エジプトの「男の子はみんな殺せ」命令の中生き延びたんだろう。

27節 主はアロンに言われた、「荒野に行って
    モーセに会いなさい」。彼は行って
    神の山でモーセに会い、これに口づけした。


アロン「モーセ?なんかいきなり神様が来たんだけど」
モーセ「あっ。おまえ腹話術の人形役やるみたいだよ」

28節 モーセは自分をつかわされた主のすべての言葉と、
    命じられたすべてのしるしをアロンに告げた。


アロン「え?おまえのほうが楽してるじゃん。いいよなイケメンは」

29節 そこでモーセとアロンは行って
    イスラエルの人々の長老たちをみな集めた。


あつまれー
konatsune.jpg

すいませんネタが古すぎた。

30節 そしてアロンは主がモーセに語られた言葉を、
    ことごとく告げた。また彼は民の前でしるしを行ったので、

31節 民は信じた。彼らは主がイスラエルの人々を顧み、
    その苦しみを見られたのを聞き、伏して礼拝した。

神様「川の水を血に変えるマジック、練習したのにな・・・。
   もうちょっとだけ疑ってくれてもいいのに」


神様が相変わらずの自分勝手ぶりを見せたところで、4章終了。

<<今日わかったこと>>
・神様、忘年会のためにマジックを練習していたようす。
・モーセ、割礼してなかったので神様に殺されかける。
・モーセ、イケメンなだけで神様から神様の代わりを命じられる。

有名なモーセって、偉人でもなんでもない神様の操り人形だったんだね。
5章へ続く。

8つの手品




← 出エジプト記3章へ



→ 出エジプト記5章へ

出エジプト記 5章

1節 その後、モーセとアロンは行ってパロに言った、
   「イスラエルの神、主はこう言われる、
    『わたしの民を去らせ、荒野で、
     わたしのために祭をさせなさい』と」。

神様が自分で祭りを要求するって、斬新だな。
まぁ、ここの神様は基本的にクズだから。

2節 パロは言った、「主とはいったい何者か。
   わたしがその声に聞き従って
   イスラエルを去らせなければならないのか。
   わたしは主を知らない。またイスラエルを去らせはしない」。

神様がパロの心をかたくなにした結果です。
自作自演ってヤツですね。

3節 彼らは言った、「ヘブルびとの神がわたしたちに現れました。
   どうか、わたしたちを三日の道のりほど荒野に行かせ、
   わたしたちの神、主に犠牲をささげさせてください。
   そうしなければ主は疫病か、つるぎをもって、
   わたしたちを悩まされるからです」。


モーセ・アロン「肉を食えない時の神様は怖いぞお・・・」

4節 エジプトの王は彼らに言った、「モーセとアロンよ、
   あなたがたは、なぜ民に働きをやめさせようとするのか。
   自分の労役につくがよい」。


ヤコブの時代、エジプトのみんなが奴隷なのに
イスラエルの連中は特権階級だったからな。

5節 パロはまた言った、「見よ、今や土民の数は多い。
   しかも、あなたがたは彼らに労役を休ませようとするのか」。


ていうか、モーセとアロンだけで犠牲捧げてこいよ。
有給休暇とって。

6節 その日、パロは民を追い使う者と、民のかしらたちに命じて言った、

7節 「あなたがたは、れんがを作るためのわらを、
   もはや、今までのように、この民に与えてはならない。
   彼らに自分で行って、わらを集めさせなさい。


dandrikiz.jpg
「労働基準法違反です」

8節 また前に作っていた、れんがの数どおりに彼らに作らせ、
   それを減らしてはならない。彼らはなまけ者だ。
   それだから、彼らは叫んで、『行って
   わたしたちの神に犠牲をささげさせよ』と言うのだ。


ワラからレンガって作れるんですか?

9節 この人々の労役を重くして、働かせ、
   偽りの言葉に心を寄せさせぬようにしなさい」。


watamk.jpg
途中で止めるから無理になるんです。
途中で止めなければ無理じゃなくなります。

10節 そこで民を追い使う者たちと、民のかしらたちは
    出て行って、民に言った、「パロはこう仰せられる、
    『あなたがたに、わらは与えない。

神様のせいで、イスラエルの人たちが余計に苦しんでいます。

11節 自分で行って、見つかる所から、わらを取って来るがよい。
    しかし働きは少しも減らしてはならない』と」。


普通こんなことしたら、ストライキだよな。

12節 そこで民はエジプトの全地に散って、
    わらのかわりに、刈り株を集めた。


レンガってどんな材料からでも作れるのかな。
ていうか、イスラエルの人たちは性格が丸くなったね。
先祖のDQN兄弟たちの血は薄れたのかな。

13節 追い使う者たちは、彼らをせき立てて言った、
    「わらがあった時と同じように、
     あなたがたの働きの、日ごとの分を仕上げなければならない」。


中間管理職は大変だな。
多分こいつら、ちゃんとレンガをパロに届けないと
パロに怒られるわけだろ?

14節 パロの追い使う者たちがイスラエルの人々の上に
    立てたかしらたちは、打たれて、「なぜ、
    あなたがたは、れんが作りの仕事を、
    きょうも、前のように仕上げないのか」と言われた。


パロは理不尽だなぁ、と思ったが。
よく考えたらパロの心をかたくなにしたのは神様だった。
一番理不尽なのはやっぱり神様。

神様「やべえ、かたくなにしてエジプト脱出を渋らせる
   くらいのつもりがちょっとやりすぎた」


15節 そこで、イスラエルの人々のかしらたちは
    パロのところに行き、叫んで言った、「あなたはなぜ、
    しもべどもにこんなことをなさるのですか。


パロ「はっ?俺は一体何を・・・」

神様「俺は関係ない。パロが言ったことだ」

16節 しもべどもは、わらを与えられず、しかも彼らは
    わたしたちに、『れんがは作れ』と言うのです。
    その上、しもべどもは打たれています。
    罪はあなたの民にあるのです」。


罪はどう考えても神様にあります。

17節 パロは言った、「あなたがたは、なまけ者だ、なまけ者だ。
    それだから、『行って、主に犠牲をささげさせよ』と言うのだ。


少なくとも、コイツらの御先祖はなまけ者だったな。
ヤコブとかいう天幕警備員とか。
居候の身分で贅沢三昧のDQN兄弟とか。

18節 さあ、行って働きなさい。わらは与えないが、
    なおあなたがたは定めた数のれんがを納めなければならない」。


与えないで余ったわらはどうするんだろう。
いらないだろ。

19節 イスラエルの人々のかしらたちは、
    「れんがの日ごとの分を減らしてはならない」と
     言われたので、悪い事態になったことを知った。


まさか、神様のせいとはわからないよね。

20節 彼らがパロを離れて出てきた時、彼らに会おうとして
    立っていたモーセとアロンに会ったので、

21節 彼らに言った、「主があなたがたをごらんになって、
    さばかれますように。あなたがたは、
    わたしたちをパロとその家来たちにきらわせ、
    つるぎを彼らの手に渡して、殺させようとしておられるのです」。


モーセ「お、俺何も言ってない!俺イメージキャラクターだから!
    神様の言葉伝えたのアロンだから!」

アロン「だからこんな役やりたくなかったんだよ・・・」

        γ⌒) ))
        / ⊃__
     〃/ / ⌒  ⌒\
    γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)
   / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ
  (  <|  |   |r┬(    / / )) 
  ( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
                 / /
神様「俺、何も関係ないからwww関係ないからwww」

22節 モーセは主のもとに帰って言った、「主よ、あなたは、
    なぜこの民をひどい目にあわされるのですか。
    なんのためにわたしをつかわされたのですか。


まさか、パロの心をかたくなにして
イヤガラセをしているとは思うまい。

23節 わたしがパロのもとに行って、あなたの名によって
    語ってからこのかた、彼はこの民を
    ひどい目にあわせるばかりです。また、あなたは、
    すこしもあなたの民を救おうとなさいません」。

珍しくイスラエルの一族が神様に正論で文句を言った!
ってなところで、5章終了。

<<今日わかったこと>>
・神様のせいで、イスラエルの人たちは迷惑しています。
・Made in Egyptのレンガはワラか切株でできているようです。
・エジプトの煉瓦製造業のブラック企業ぶりも相当なものです。


次章以降、神様はどんな迷惑を人間にもたらすんでしょうか。
6章に続く。



← 出エジプト記4章へ



→ 出エジプト記6章へ

3穴れんが 12個セット


プロフィール

聖・オレサマ

Author:聖・オレサマ
世界で一番読者のいる本、聖書を
まじめにまじめに勉強します。

ええ、いたってまじめに。

リンク
にほんブログ村に参加しています
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
アクセス数
お得なサイト!


フルーツメール
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。